売却相場を知らなければ判断できない

不動産会社に依頼し、所有している不動産の物件査定を行い、不動産会社によって出された売却見積もりを見ながら売却するか否かを判断する。これが、不動産売却の大まかなプロセスです。

ですから、細かいことを度外視すれば、所有している不動産の売却の過程それ自体は極端に複雑なものではありません。そのプロセスは、むしろ、単純であり明快でもあると言ってもいいのではないかと思います。

最難関は売却見積もりの判断

この不動産の売却において、最も難しいのは、おそらくは「売却見積もりの判断」ということになるでしょう。
なにを良し悪しの基準にして売却見積もりを判断し、売却を決意するのか。この決意を左右することになる売却見積もりに対する判断力が、不動産売却を成功させる鍵を握っています。

不動産を売却するにあたって、不動産の所有者が不動産の相場の最新情報を日常的にたえずチェックしており、専門的な知識も充分に持った状態で相場と売却見積もりを吟味できる場合と、そうでない場合とでは、不動産会社への見積もり依頼の仕方が違ってきます。

前者の場合、物件査定を依頼する不動産会社は一社だけでもそれほど問題ありません。相場を知っていますから、依頼した不動産会社によって提出された売却見積もりを見て、それが売却するべき見積もりかどうかを、自分の知る最新の相場の情報と照らし合わせればよいのです。

ですが、物件の相場をまるで知らない状態で売却見積もりを判断するのは非常に難しいと言わざるを得ません。不動産会社一社だけに依頼し提出された売却見積もりが「よい」のか「悪い」のかを判断するために参照する論拠のようなものがまったくないからです。

そこで、便利なのが不動産一括査定です。不動産一括査定においては、所有している不動産を、複数の不動産会社が一括で物件査定をし、複数の不動産会社からの売却見積もりを一望することができます。

複数の不動産会社からの売却見積もりをとるメリット

一つの物件を巡る売却見積もりは、不動産会社によってバラつきがあります。
そのバラついた複数の売却見積もりを参照しながら、おおまかな相場を探りつつ、ここ、という不動産会社の売却見積もりを選択することを可能にするのが不動産一括査定です。

自分の所有している物件の価値が、おおまかにではあれ、どの程度の相場のなかにあるのかを知ることができる不動産一括査定は、右も左もわからない状態の不動産売却の大きな味方となるでしょう。

とはいえ、そこから売却を決意させる判断に関しては、やはり、いくら右も左もわからない素人であるとはいっても、ある程度の最低限の基準は持っていなければなりません。

不動産一括査定を利用するにあたっては、そこで提出される複数の不動産会社からの売却見積もりが「よい」か「わるいか」を少しでも判断できる程度の、最低限の不動産知識、相場の把握は必須となります。